ナースセンター求人紹介【大阪・関西】

ナースセンター運営「ナースバンク」の使い方

 

看護師の転職サポートサービスは

@ハローワークで探す
Aナースセンター(看護協会)で探す
B転職エージェントで探す

主に以上の3つが一般的です。

 

当サイトでは『ハローワーク』『ナースセンター』『転職エージェント』、それぞれの特徴・使い方を紹介しています。

勤務地や良い待遇を目指しての転職や、ママさんナースの仕事復帰を目指して求人誌や新聞の広告をチェックしてみたり、ハローワークやナースセンター(日本看護協会)に足を運んでいる方もいると思います。しかし、仕事や子育てに忙しくなかなか時間がないのが現実です。でも、もっといい方法があるのをご存知でしょうか?

 

転職を希望している看護師の方に、まずは3つの支援団体について簡単に説明したいと思います。

 

ハローワーク

職員の方が面接の取り付けなど転職するまでサポートしてくれます。しかし、混んでいるので職員の方に相談するにもかなり待ち時間がありますし、毎回通うのが大変です。また、職員の方には、当然看護師の経験がありませんので専門的なことを聞いても難しいでしょう。さらに、ハローワークに登録している求人は、比較的給与が安く、非正規雇用やアルバイトの場合も多いです。

 

ナースセンター(日本看護協会)

全国47都道府県にナースバンクがあり、親身になってアドバイスしてくれます。しかし、雇う側と雇われる側、両方が頼っているのがナースセンターです。そのため、条件の良い求人はなかなか見つけれないかもしれません。また、若い方を中心に日本看護協会への登録離れが進んでいます。

 

看護師転職エージェント(ナース転職支援サービス)

公共機関ではありませんが無料で人材紹介サービスを行っています。看護師としての知識がありますし転職のプロでもあるので安心して相談できます。また、一般には公開されてない非公開求人があり条件の良い求人を見つけることもあります。ハローワークやナースセンターとの併用で、力強いサポートをしてくれるでしょう。

 

 

3つの支援団体についていかがだったでしょうか。看護師転職エージェントは、看護師の求人に絞ってサポートしているので求人が集まりやすく、スピーディーに好条件をみつけることができるようになりました。サイトにアップされた求人は時に殺到してしまうことがありますが、看護師転職エージェントでは、質の良い人材を確保するため非公開求人を設けています。希望勤務地や勤務条件を検索できるので見つけやすく、専門のコンサルタントが親身になってサポートしてくれるので頼もしいパートナーです。


このページの先頭へ戻る